2016年01月15日

キングダム・カム


鏡開きも過ぎ(関西では15日とか)、そろそろお正月の疲れが出てきてしまいました。

あまり何も考えないことにして…

部屋の掃除をしていたら、懐かしいCDを見つけました。


kingdomcome1.jpg
Kingdom Come / Kingdom Come


1988年にリリースされた当時は大当たりでしたが、
1stアルバムの、あまりにも露骨な「レッド・ツェッペリン」節が鼻に
ついたのか、絶賛から批判の嵐が吹き荒れ、結局は2ndアルバムで解散
してしまったバンドでした。

改めて聴くと、ボーカルのレニー・ウルフの凄さは、その後浮上できな
かったことが本当にもったいないと思います。

2ndアルバムも良かったのに、不運だったのが残念です。

kingdomcome2.jpg
IN YOUR FACE / Kingdom Come



posted by yasuhiro hara at 02:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2016年01月03日

平成28年新春


新年あけましておめでとうございます。
         本年もよろしくお願いいたします。


h280101b.jpg
平成28年元旦の富士山
(今年の富士山は山頂の雪が少ないようです。)


この年末年始の関東地方は晴天が続いていますが、
新年の清々しさを持ち続けていきたいと思います。

新年は4日(月)11時 から営業いたします。




posted by yasuhiro hara at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月31日

本年もありがとうございました。


今年は、29(火)で、年内の営業を終了いたしました。

新年は4日(月)11時から営業いたします。

h271230a.jpg


平成27年の世情は激動の一年でしたが、来年は良い一年になるように祈るばかりです。

新年の晴れ晴れとした気持ちのまま乗り切っていきたいですね。


posted by yasuhiro hara at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月11日

ウスカルメガネの新作 Ala の加工


ウスカルフレームの新作 Ala (アラ)の加工を実施しました。

ala60_4_ex.jpg

商品名の「アラ」とは、イタリア語で 羽根 のことです。

ウスカルフレームの中でも最軽量の7グラム前後の軽さです。

レンズサイズは、35ミリという、
ウスカル会オリジナルフレームの中では、最小サイズです。

そして、鼻幅サイズが4種類あり
35□25、35□27、35□29、35□31
と、装用されるかたの瞳孔間距離にあわせて選ぶことができます。

アラの初加工は、S-11D以上の度数で、お客様のPDにあわせて
35□31のフレームにレンズを加工しました。

ala_1511_1.jpg


ala_1511_2.jpg

レンズは、屈折率1.9のガラスレンズを加工します。


ala_1511_3.jpg

35ミリのサイズでは、通常の加工ができず、極小サイズフレーム用の
加工モードに、設定されてしまいます。

ala_1511_5.jpg

ala_1511_6.jpg

レンズ切削加工の途中で、レンズ固定アタッチメントを極小サイズ用に
交換する必要があるため、このようなアタッチメントを使用します。


ala_1511_8.jpg

大まかな粗摺り加工が終わると、機械が一旦停止して、
白い粗摺り加工用アタッチメントを外します。

ガラスレンズもかなり薄くなりますので、この作業も慎重さが必要です。


ala_1511_101.jpg

うまく、粗摺り加工用アタッチメントが外せました。


ala_1511_102.jpg

ala_1511_103.jpg

加工機のレンズ受けカップも極小加工用に交換します。


ala_1511_105.jpg

切削加工を再開します。
レンズへの接地面が小さいので、ガラスレンズでは、ヒヤヒヤものですが
レンズが割れないことをひたすら祈りながらの加工です。


ala_1511_110.jpg

無事に加工終了しました。

−11D以上の左レンズの最大厚みは3.4mmで、
実際よりも弱い度数に見えてしまいます。


ala_1511_109.jpg

重さは、約18グラムで、かなり軽量に仕上がります。











posted by yasuhiro hara at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネの加工

2015年10月24日

茶室食房 いかり


西荻には他の駅では味わえない「おいしいもの」と、
隠れた名店があります。

先日、見つけた「茶室食房 いかり」も、なかなか他にはない

居心地の良いお店でした。


ika1.JPG

西荻駅から、伏見通りを吉祥寺方面に数分の路地を曲がった
住宅街の一軒屋が、「茶室食房 いかり」です。


ika2.JPG

一軒やといっても豪邸ですが、門をくぐると暖簾が見えてきます。


靴を脱いで玄関を上がると、個室もあると聞いて、せっかくなのでと

入ってビックリ、、、

ika3.JPG

これは、本物の茶室のようです。


ika4.JPG


ika5.JPG

外には、条件の揃った庭園があります。


ika6.JPG

ランチメニューは、懐石風のお弁当の他に定食が主なメニューです。

今日は、ロースかつ定食をお願いしました。


ika7.JPG

まずは、煮物とサラダ
サラダは程よくさっぱりしたドレッシングで仕上げてあり
煮物は薄味ながら良く出しの効いたおいしい煮物です。


ika8.JPG

薄めのロースですが、脂身とも肉の旨味があり
おいしくいただきました。

せっかくの茶室ですので、機会があれば、今度は懐石料理を
お願いしたいところです。


「茶室食房 いかり」は、吉祥寺で割烹料理店を営んでいたご夫婦が、
ご実家を改造して一昨年移転オープンしたのだそうです。

元々ご実家では、茶道の教室をされていたために複数の茶室があり
そのまま個室として開放されているとのことでした。

料理の質と本物の空間でくつろげる割には、
料金が安いと思いましたが、その理由を伺い納得しました。

茶室食房 いかり

posted by yasuhiro hara at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいもの

2015年10月23日

ネジ探し

早いもので、気が付けば10月ももう後半になりました。

ブログに書こうと写真は撮っていたのですが、文章が追い付かないので
アップできずにいます。

もう後半なので、他愛もないことですが…

メガネの加工中にネジを落としてしまうことが、たまにあります。


20140208.jpg

当店の床はこんな柄なので、小さなネジや部品を落とすと
床の模様に同化して、かなり探しにくくなります。


このような時は、、、


sc2.JPG


ホウキで掃くと、意外に早く見つかります。


sc3.JPG

ほら、、、





posted by yasuhiro hara at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネの加工

2015年09月10日

総統閣下は(内心では)相当にお怒りのようです


自民党の総裁選は無投票で安倍さんが再選されたそうです。

96958A9E93819481E2EA9AE2E48DE2EAE2EBE0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXMZO9147516008092015000001-PB1-2.jpg
日経WEB より

取り巻きの先生方が根回しをして、野田さんの立候補を阻止したのだとか。

総裁選になれば、共同記者会見や街頭演説、テレビ出演で
安倍路線の正当性を主張できる機会であり、国会議員以外の党員も
投票できるわけですから、現在の自民党にとっては重要な選挙のはず。

2012年の総裁選では、党員票の過半数を石破さんが取り、
決選投票で国会議員票が勝った安倍さんが逆転当選したとのこと。

安倍政権に対する世論の厳しい批判の中では、
これはもう根回しをして党員が投票する総裁選を回避するほうが
安全ですね。


総統閣下は「安保法制」審議にお怒りのようです。#2



posted by yasuhiro hara at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2015年08月18日

日本会議

安倍首相はじめ多くの閣僚が所属する、”日本会議”(にっぽんかいぎ)
という団体を最近になって知りました。

日本会議_Wikipedia

安倍政権が推し進める安全保障関連法案の危険性や、歴史教科書選定問題、国立大学の文系廃止への推進、
マスコミへの圧力など、思想統一とも思える動きが、一部のメディアで報道されていますが
この一連の政策等が、この日本会議の提唱する理想国家を実現するためゴリ押しされてきているようにしか思えないところです。

日本会議HP

去る8月15日付の声明を読むと
右派団体というよりも極右団体のように感じてしまいます。

日本会議の設立宣言には
++++++++++++++++++
我が国は、古より多様な価値の共存を認め、自然との共生のうちに、伝統を尊重しながら海外文明を摂取し同化させて鋭意国づくりに努めてきた。
明治維新に始まるアジアで最初の近代国家の建設は、この国風の輝かしい精華であった。

 また、有史以来未曾有の敗戦に際会するも、天皇を国民統合の中心と仰ぐ国柄はいささかも揺らぐことなく、焦土と虚脱感の中から立ち上がった国民の営々たる努力によって、経済大国といわれるまでに発展した。

 しかしながら、その驚くべき経済的繁栄の陰で、かつて先人が培い伝えてきた伝統文化は軽んじられ、光輝ある歴史は忘れ去られまた汚辱され、国を守り社会公共に尽くす気概は失われ、ひたすら己の保身と愉楽だけを求める風潮が社会に蔓延し、今や国家の溶解へと向いつつある。
(以下省略)
+++++++++++++++++++++++++
とあり、
思想や言論は自由ですが、これを政治権力を持つ人たちが強硬に
推し進めることに危険があると思います。

私などは、いかにして高い税金を払うかという自己保身と、
ささやかな愉楽を求めていますが、
税金をもう少し安くしてくれれば、眼鏡屋として社会公共に尽くすために
もっと勉強ができる時間も作れるかもしれません。



クリスティーンは16歳だぜ!イエイ!/ by KISS


posted by yasuhiro hara at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2015年07月15日

安保法案強行採決


今日7月15日、安倍政権は日本国民の多くの反対の声を無視して
安保法案の採決を強行に可決した。

slide_440562_5809514_compressed.jpg


自民・公明両党による政治的良心を失った、これまでの重要法案を
ごり押ししてきた姿勢は、今日の安保法案の強行採決で極まったようです。

ネトウヨ化したような自民党議員を取り巻きに
すっかり出来上がってしまった安倍独裁政治により
立憲主義を崩され平和憲法を蔑ろにされてしまいます。

安倍さんは、
「私が最高責任者だ」
「法案についての説明は全く正しいと思いますよ。
 私は総理大臣なんですから。」
といいつつも、
あらゆる機会に
「私が丁寧にわかりやすくご説明します。」
というばかりで、
友人のスガさんアソウさんが強盗に入られたり
不良に絡まれたとの、稚拙なたとえ話しをしたり、
国家を町内会に例えたり…

相変わらず、ありえない
日本人を護送する?アメリカの軍艦を守るため等の
説明になっていない説明をするばかりで
頭も劣化したのか、
まあ、誤魔化しと強弁ばかりだから
こういった綻びがでているのでしょうね。

尖閣諸島問題、中国、北朝鮮の脅威が
本当に存立危機なのか、
そもそも自衛隊は軍隊なのか?

ということも
テレビしか見ていないような人にも
良くわかる説明ができていないばかりか
「朝まで生テレビ」での討論ですら
自民・公明は出演をドタキャンして逃げてしまい
やはりきちんと説明ができないことが
明白になりました。

最高責任者の安倍さんが堂々と出てきて
批判者を論破すればよいと思いますが。
出てきても
「これまでも説明はしていますよ」
を繰り返し、時間切れに持ち込むでしょうね。


真剣に国益を考えず、安倍政権にしがみつき
選挙に当選して職を失いたくないばかりの
自民党と公明党の議員さんは
「志」ということを良く考えてもらいたい
私たち国民が選んでその税金で
仕事をさせてもらっているのですから。


「積極的平和主義」を謳う安保法案は
アメリカが押しつける積極的平和主義に追従する
従米法案ともいうべきものです。

Peace Sells / Megadeth



7月15日は、岸信介内閣が退陣に追い込まれた日であるとのこと
もしかしたら、お祖父さんのリベンジのためなのか…
posted by yasuhiro hara at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2015年07月14日

健康診断の視力測定


最近、屈折検査をご希望のお客様数人から

「健康診断を受診したらずいぶん視力が低下しているようだ。」
とか、
「健康診断では、0.4と言われた。」
など
健康診断で判明した視力低下を心配されご来店になられました。

屈折検査をしたところ、いづれも変化が少なく
視力が低下していたというケースはありませんでした。

0.4と云われたかたも、当店で測定した矯正視力は1.2でした。

予想はしていましたが、
いづれの検査機関でも、5mの視力標ではなく

機械による視力測定だったとのことでした。

nidek02.jpg

ndkaut01.jpg

文部科学省のガイドラインでは
「遠方視力は普通5mの距離で検査する」とのことですが

理論上は、5mに相当する測定距離となる上記のような検査機器を
使用することが多いようです。

機械装置の中をのぞき込んで、理論上5mと言われる視力標ですが
実際にはピントを合わせることに困難が生じるようです。



posted by yasuhiro hara at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 検査VT