2016年06月11日

レンズ価格表2


机の上を散らかしながらの作業ですが、
レンズ販売価格表の更新も進んできました。


IMG_0680zeiss.JPG


レンズメーカー各社のレンズの仕様を再度確認しながら
進めていますが

ここのところ、レンズのコーティング仕様を変更をした
レンズメーカーが数社あり、聞き慣れない横文字と
レンズの表記記号など、まるでトランプの神経衰弱を
やっているようです。

あとは、少し特殊なレンズの選択と価格の再検討
もあり、まだ少し時間がかかりそうです。




posted by yasuhiro hara at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ

2016年06月09日

ロックの日

今日、6月9日は、ロックの日だそうです。

ROCK の日でもあり LOCK の日でもある 6月9日です。

今年は、アイアン・メイデンの来日公演もあったので
毎夜、加工時には、けっこう聴きましたが

maiden4.JPG


年齢的に LOCK がかかるのか、やはり、

少しウルサめの ROCK には、だんだん疲れてきます。

そこで、加工時用にキッスのベスト盤を作って流しています。


IMG_0681.JPG

1.Christine Sixteen
2.Strutter
3.Let Me Go,Rock'n'Roll
4.God Of Thunder
5.C'mon And Love Me
6.Calling Dr.Love
7.Shock Me
8.Hotter Than Hell
9.Black Diamond
10.Beth
11.I Want You
12.Sweet Pain
13.Love Gun
14.I Was Made For Lovin'You
15.Deuce
16.Detroit Rock City
17.Goin' Blind
18.Hard Luck Woman
19.Cold Gin
20.Firehouse
21.Shandi
22.I've Had Enough

短い曲が多いので、22曲も入ってしまいました。



Detroit Shippu Citey / Kissa

NHK でのスタジオ・ライブです。



posted by yasuhiro hara at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年06月01日

レンズ価格表

新製品の遠近両用累進レンズが、6月から発売となるため
昨夜からレンズ価格表の変更作業をしています。

特に遠近両用累進レンズは、各社から何種類もでているため
価格も含めて機能特性を把握し、どのレンズを販売していくか
悩むところです。

IMG_0678.JPG


当店への納入価格から販売価格の設定をするために
ベースとなるレンズの基本台帳を作成し
当店の価格表に記載するレンズを絞り込んでいくのですが
種類が多くて本当に悩みます。

開店当初に行ったこの作業には2週間ほどかかりましたが
今回もベース価格表の作成と価格の見直しと絞り込み
そして、遠近両用レンズの当店価格表を作るのに
丸二日かかってしまいました。

ここのところ、各レンズメーカーとも
累進レンズは良くなったのですが
小売店の価格競争の影響で
各社の利益は圧迫されているようです。

家電業界の二の舞にならないよう
本当に良いものを適正価格で販売したいものです。





posted by yasuhiro hara at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ

2016年05月18日

フィッティングの大事を痛感

先日、ご年配のご婦人から検査依頼と遠近両用メガネの新規作成の
ご依頼がありました。

お客様の主訴は、

これまでに何本か購入していた大手チェーン店で新調した、
遠近両用メガネが遠見も近見もダブって見える
作り直してもらったけれども、やはり同じようにダブって見える

とのことでした。

前眼鏡度数は
R=S-0.50 C-0.75 Ax50 ADD2.75
L=S 0.00 C-0.75 Ax150 ADD2.75
PD 29mm/29mm

当店処方度数は
RV=(1.2×S-0.25 C-0.75 Ax43 ADD2.50)
LV=(1.2×S+0.50 C-0.75 Ax145 ADD2.50)
PD 29.7mm/29.0mm
との結果でした。

あまり変わらない度数のためそれほど差が出ないようなのですが

実は、一番の問題はフィッティング状態にありました。

特にクリングス(鼻パッド)のフィッティングがほとんど
なされていなかったために、レンズが目に近すぎることと、
レンズの装用位置がかなり下になっていたため
近見は使い物にならないほどでした。

実際には、クリングスを伸ばさなければ、充分な
角膜頂点間距離を取れない状態で、クリングスの
位置を下げたいところですが、下げると、
角膜頂点間距離が短くなることから、あまり下げずに
狭くして高さを確保するようにしました。


DSCN0587.JPG


DSCN0586.JPG

この状態で、遠見、近見ともダブらずに良く見える、
ノートパソコンも大丈夫のようでした。

ダブるという主訴だったので、斜位が原因かとも思いましたが、
ダブるというよりもボケるということのようでした。

やはり、フィッティングのあり方でレンズの価値も下がってしまいます。




posted by yasuhiro hara at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ

2016年03月01日

開店8周年


2月28日(日)で、開店して満8年となりました。

8thanib.gif

早いもので、オプティックレインボーは、平成20年2月28日(金)に、
開業し8周年となりました。

これまで多くのお客様に支えられて続けてくることができました、
誠にありがとうございました。

これからも向上心をもって眼鏡道に精進してまいります。


posted by yasuhiro hara at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月23日

テスト枠のフィッティング


先月発売された、屈折検査用のトライアル・フレームが気に入っています。

unv580.jpg
580s Universal trial frame

トライアルフレームとも試験枠とも、または、テストフレーム
とも呼んでいるもので、これは屈折検査の際にレンズを入れ替え
ながら検査をするわけですが、両眼視の検査までするためには、
レンズを最低4枚は重ねることができる方が望ましいですし
正確な瞳孔間距離の設定と、左右レンズの高さ調整ができる
ことが最低でも必要であると思います。

また、頂点間距離(眼とレンズの距離)も設定ができ
レンズの眼に対する高さも調整できる方がベターで、
これらの全ての条件を満たしているのは、
↓ このZEISSのポラテスト用トライアルフレームです。

zeissnewocls.jpg

しかし、このドイツ製のテストフレームは、
東洋人の顔にはフィッティングがイマイチなのが難点です。


そういうこともあって、これまでは日本人の顔にフィッティングし易い

547simpl.jpg
547 SIMPLE

このシリーズのテストフレームを、被験者の瞳孔間距離、頂点間距離、
そして高さが合わせやすいものをその都度、複数使用しておりましたが、
先日発売された、580sは、左右別々に瞳孔間距離を設定できる
機能と、50mm〜80mmという、幅広い瞳孔間距離の設定が
できること、

さらに、眼に対するレンズの高さ調節が
これまでのものよりも必要な高さに設定することが
可能となっています。

これまでも、PD80mmのかたの検査を何度かしたことが
ありますが、これまで使っていた80mmまでのものは
構造上の問題でかなり不安定なものでした。↓

fitmejr.jpg


580sの
欠点としては、これまでのものより頂点間距離が
長くなり、強度近視の検査などには向かない点も
ありますが、頂点間距離をあまり短くする必要がない
遠近両用のテストには、高さがバッチリ決まるため
かなり有効であると思います。



posted by yasuhiro hara at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 検査VT

2016年01月15日

キングダム・カム


鏡開きも過ぎ(関西では15日とか)、そろそろお正月の疲れが出てきてしまいました。

あまり何も考えないことにして…

部屋の掃除をしていたら、懐かしいCDを見つけました。


kingdomcome1.jpg
Kingdom Come / Kingdom Come


1988年にリリースされた当時は大当たりでしたが、
1stアルバムの、あまりにも露骨な「レッド・ツェッペリン」節が鼻に
ついたのか、絶賛から批判の嵐が吹き荒れ、結局は2ndアルバムで解散
してしまったバンドでした。

改めて聴くと、ボーカルのレニー・ウルフの凄さは、その後浮上できな
かったことが本当にもったいないと思います。

2ndアルバムも良かったのに、不運だったのが残念です。

kingdomcome2.jpg
IN YOUR FACE / Kingdom Come



posted by yasuhiro hara at 02:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2016年01月03日

平成28年新春


新年あけましておめでとうございます。
         本年もよろしくお願いいたします。


h280101b.jpg
平成28年元旦の富士山
(今年の富士山は山頂の雪が少ないようです。)


この年末年始の関東地方は晴天が続いていますが、
新年の清々しさを持ち続けていきたいと思います。

新年は4日(月)11時 から営業いたします。




posted by yasuhiro hara at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月31日

本年もありがとうございました。


今年は、29(火)で、年内の営業を終了いたしました。

新年は4日(月)11時から営業いたします。

h271230a.jpg


平成27年の世情は激動の一年でしたが、来年は良い一年になるように祈るばかりです。

新年の晴れ晴れとした気持ちのまま乗り切っていきたいですね。


posted by yasuhiro hara at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月11日

ウスカルメガネの新作 Ala の加工


ウスカルフレームの新作 Ala (アラ)の加工を実施しました。

ala60_4_ex.jpg

商品名の「アラ」とは、イタリア語で 羽根 のことです。

ウスカルフレームの中でも最軽量の7グラム前後の軽さです。

レンズサイズは、35ミリという、
ウスカル会オリジナルフレームの中では、最小サイズです。

そして、鼻幅サイズが4種類あり
35□25、35□27、35□29、35□31
と、装用されるかたの瞳孔間距離にあわせて選ぶことができます。

アラの初加工は、S-11D以上の度数で、お客様のPDにあわせて
35□31のフレームにレンズを加工しました。

ala_1511_1.jpg


ala_1511_2.jpg

レンズは、屈折率1.9のガラスレンズを加工します。


ala_1511_3.jpg

35ミリのサイズでは、通常の加工ができず、極小サイズフレーム用の
加工モードに、設定されてしまいます。

ala_1511_5.jpg

ala_1511_6.jpg

レンズ切削加工の途中で、レンズ固定アタッチメントを極小サイズ用に
交換する必要があるため、このようなアタッチメントを使用します。


ala_1511_8.jpg

大まかな粗摺り加工が終わると、機械が一旦停止して、
白い粗摺り加工用アタッチメントを外します。

ガラスレンズもかなり薄くなりますので、この作業も慎重さが必要です。


ala_1511_101.jpg

うまく、粗摺り加工用アタッチメントが外せました。


ala_1511_102.jpg

ala_1511_103.jpg

加工機のレンズ受けカップも極小加工用に交換します。


ala_1511_105.jpg

切削加工を再開します。
レンズへの接地面が小さいので、ガラスレンズでは、ヒヤヒヤものですが
レンズが割れないことをひたすら祈りながらの加工です。


ala_1511_110.jpg

無事に加工終了しました。

−11D以上の左レンズの最大厚みは3.4mmで、
実際よりも弱い度数に見えてしまいます。


ala_1511_109.jpg

重さは、約18グラムで、かなり軽量に仕上がります。











posted by yasuhiro hara at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネの加工