2021年04月03日

泥の付いた1万円札


昨日、田中邦衛さんがお亡くなりになり、追悼番組として「北の国から'87初恋」が放送されるそうです。

エンディングの”泥の付いた1万円札”には、泣けてきますね。

「北の国から」は、私が高校三年生の時に連続ドラマとしてスタートしましたが、全く見たことがなく、上京した後のスペシャルドラマから見るようになりました。


やはり、郷愁に浸ってしまいます。


訓子府町_-_panoramio.jpg
これは訓子府です。


posted by yasuhiro hara at 18:41| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月01日

税込み表示の義務化


エイプリルフールではありません。

20210401_1.JPG

今日から、消費税の税込表示が義務づけられました。

「消費者にとっては、総額表示の方が実際に払う金額がわかりやすく、家計の管理もしやすくなるメリットがある。」

いやいや、ただ高すぎる消費税をカモフラージュする目的の欺瞞です。

何かを買うときには必ず払う消費税ですが、10%は高すぎませんか?
8%でも高すぎます。

物を製造する、物を運ぶ、一つの商品には製造や運送、在庫管理の全てに消費税を含めた税金が掛かり、そして、消費者が購入する時に最終的な消費税が発生します。

タバコや酒類、ガソリンなどには、タバコ税、酒税、ガソリン税がすでに掛かっていますが、その税を含めた価格にさらに消費税が掛かります。

近年の社会保障費の高騰の他、復興特別税、エネルギー税なども創設され、これは搾取されているという感覚になってきています。

税収は財源といわれますが、消費税だけ見ても10%の税収の中で、適切に使われているのか? 復興のためとか、社会保障費のためとの大義名分でしたが、そこに使われていないようですし、景気の悪化を招きかえって税収を減らす原因にもなっていないでしょうか。

政府は、経済を活性化させ景気を良くすることには全く取り組まず、とにかく税金を取ることばかり考えているといか思えないですが、経営者の感覚から考えると、特に消費税は消費の冷え込みを招く小さくない要因の一つであり、このコロナ禍という緊急事態の中、まずは、消費税の減税なり廃止をしていく方が良いと思えてなりません。

なので、このバカげた「税込(総額)表示の義務化」などという、どうでも良い愚策には溜め息がでます。

でも従いますよ、国土の民として。

※ しばらくの間は、フレームの値札には、税込みと税別表示が混在します。



posted by yasuhiro hara at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費税

2021年03月02日

アベノマスクの使い道


昨年多くの国民を落胆させた悩乱の象徴 アベノマスク・・・。

私も、店と自宅に郵送されてきて大事に保管してあります。

その存在を思い出させるように近所のカフェに発見。


abenomask.jpg

右のシーサーがつけているのはアベノマスクのようです。

左のシーサーは不織布ですが、アベノマスクはシーサーの口も隠せないのが分かります。


あとはN国事務局長のような使い道しかないかな・・・。



posted by yasuhiro hara at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月18日

カルテ収納キャビネット


昨日、オーダーしていたカルテ収納キャビネットが到着しました。


開店当初から使用していたものは、とっくに容量不足になっていましたが、既製品ではちょうど良いサイズの引き出しがなく、オーダーするにもサイズの設定などに時間がかかっていました。

化学物質を使用しないハードメイプルで仕上がったキャビネットは、店いっぱいに木の香りを放っています。



tyest01.jpg
タンスに見えますね。


tyest02.jpg
5段の引き出しでかなり枚数が収納できます。



tyest03.jpg
同じハードメイプル・ネックのギターと記念撮影。



The Trees / Rush


森を舞台に、カナダを象徴する楓(メイプル)が、大国を譬えた樫木(オーク)に、同等の権利を求めて争うという物語。
最後には、樫木は切り倒されていき楓は陽の光を浴びる権利を勝ち取る。

posted by yasuhiro hara at 23:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月28日

新宿タイガー


shinjyukutaiger02.jpg

昨日、新宿のドトールで新宿タイガーさんに遭遇しました。

夕刊配達前の時間で休憩されていたのか、邪魔をしては申し訳ないので、声をかけずに遠くからチラ見していました。

私が高校卒業後に上京した年に、新宿で初めて新宿タイガーさんに遭遇してぶっ飛んで以来、もう40年近くが経ちますが、一昨年に映画「新宿タイガー」公開に際して、その素顔を知ることができました。


shijyukutaigar01.jpg


1977年から新宿タイガーとして配達されているとのことで、現在はもう70代とのこと。

このROCKな生きざまには尊敬の念を抱かされます。

昨日は、電動自転車になっていました。



posted by yasuhiro hara at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月04日

4日から営業いたします。


2021_0104_01.jpg

本日4日から営業しています。

年末年始の東京は、今年も晴天が続いています。

気温が低くかなり乾燥していますので、ウイルスが感染を広げやすい気候です。

東京の感染者数は今日も800人台と高い水準で、7(木)には再び緊急事態宣言が発出されるとの報道がされています。


posted by yasuhiro hara at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月02日

新春を迎え


pfatom2021.jpg


平成20年(2008年)に創業して初めての年賀状、つまり創業2年目の平成21年が丑年だったので、当店も2度目の丑年を迎えることになりました。

創業から12年経ち干支を一周してしまいました。

現在、新型コロナウイルスの変異種も発見されるという懸念に加え、日本でも感染拡大が広がり、再度の緊急事態宣言が発出されそうです。

先日、新宿では民間団体が生活に困窮する方々への相談と食事の援助をされていました。
日本政府は掛け声だけでなく、疫病流行が原因で困窮している人たちにお金を出してもらいたいものです。

さらには、小泉構造改革の前の状態に戻して、働いただけ対価を得られる日本に戻すことを切に願います。

12年前も長引く不況に加えリーマンショックで大変な状況になっていましたが、それでも今から比べれば、私たち庶民は豊かさを感じていました。


Shine On You Crazy Diamond




posted by yasuhiro hara at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月01日

あけましておめでとうございます。


2021_0101.jpg
令和3年元旦 大石寺から富士山を望む


旧年中は格別なるお引き立てを賜りましてありがとうございました。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は新型コロナウイルスに翻弄された1年でしたが、本年は良い年となることを願ってやみません。



posted by yasuhiro hara at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月08日

Edward Van Halen


Edward.jpg

ロック・ギターに革命をもたらした、エドワード・ヴァン・ヘイレンが、10月6日に65歳の生涯を閉じたとの報が、日付が変わった7日に、御子息のWolfgang Van HalenのSNSにより明らかになりました。


ご冥福をお祈りいたします。

これまでありがとうございました。


Eruption (1978)



posted by yasuhiro hara at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年10月07日

教科書は原則デジタル化?


digrev.jpg


「平井卓也デジタル改革担当相は10月6日の定例会見で、義務教育で使用する教科書を原則デジタル化するよう、萩生田光一文科相に提案したと明らかにした。」

古くは2002年の厚生労働省の発表した「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」もありますが、2018年には文科省もガイドラインを定め、「児童・生徒の健康に配慮しながらデジタル黒板やデジタル教科書を活用していく方法」について、文科省は7月に有識者会議を設置し議論を進めています。

この中でデジタル教科書の活用を「2分の1未満」の制限を提言していますが、このことについて平井大臣は「私からするとナンセンスだ」と批判したとのこと。

パソコン、インターネットが普及しはじめ、VDT症候群といわれる、様々な身体的・精神的なストレスが問題視されるようになり、日本眼科医会や関連業界から注意喚起されています。
日本眼科医会HP「パソコンと目」

印刷物と違い、デジタルディスプレーは、常に光の刺激があることから、特に遠視が比較的多い年齢の発育途上の児童には問題が多く、教科書のデジタル化は、心と身体の発育には避けるべきだと思います。

「私からすると」とか「私に言わせれば」などの、根拠のない独善で進めないでいただきたいです。

posted by yasuhiro hara at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 検査VT