2008年09月06日

地獄烈伝〜キッス

う〜ん、これはちょっとサプライズというか、普通はありえないというか、普通ならこの手の企画、昔の曲を新しくレコーディングするなら、現在の解釈でとか、アレンジを変えるとかやるのが普通だが…やはりジーン・シモンズ&ポール・スタンレーは、並の商売人ではないのか、いや並のエンターテイナーではないということか…。
たとえば、DEUCEなどは、初期のスタジオ録音特有の軽くスカスカした音のテイストで録音されており、それぞれの曲ごとに徹底して当時のテイストを崩さず、あくまで現在のキッスでレコーディングしていて、予備知識がなく聞くと「これリマスター?」と思えるほど原曲に忠実にやってます。

まーでもオーディオで聞くと、音のレスポンスが良く楽曲ごとの年代差も感じなく、ドラムもよりロックしていていいっすね。
賛否両論ありますが、曲の並びもいいし楽しめます。

kiss_dfcp56-7.jpg
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~
JIGOKU-RETSUDEN-NEW RECORDING BEST

1977年初来日の武道館ライブDVD付を買いましたが、画質が今ひとつなのが残念。こんどはぜひNHKのマスターテープでDVDを出してもらいですね(字幕なしで)。
posted by yasuhiro hara at 13:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽

2008年05月28日

虹の由来B

それで、虹はどうして現れるのかということですが、
プリズムに光を通すと光が分散し色の帯(スペクトル)を見ることができます。
空気中の水滴に、太陽光があたったときに水滴がプリズムの役割をして、光が分解されて七色の帯に見えるわけですが
レンズはプリズムの集合体であるわけです。
だからメガネと虹には深い関係があり、「レインボー」で繋がった店名の由来とコンセプトがあるのです。
そうなるとある意味、「コンセプト・ショップ」であると豪語しちゃったりして。

こんど店名の由来を聞かれたら、
「レインボーっていう名は、実はプリズムに光を通すと光が分散し…」

darkside.jpg
Dark Side of The Moon / Pink Floyd
posted by yasuhiro hara at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2008年05月22日

虹の由来A

一般的に「レインボー」というと、(とくにカタカナ表記だと)あまり洗練されたイメージではないようです。
「サウナかキャバレーを思い浮かべます」…メーカーT氏 (^_^;)
「五反田にありませんでしたっけ?」…問屋S氏 (-_-;
「わいせつ事件のクリニック?」…Nさん (+o+)
「なんかアメンボーみたい(?)」…妻 (`ε´)
と評価は今ひとつで、
実際に小岩で「サウナ・レインボー」という七色の看板を見つけ…(T_T)

こんど店名の由来を聞かれたら、
「レインボーっていう名は、実はロスアンゼルスのナイトクラブの名前なんだ。俺の行きつけの店でね…」(しつこい)

rainbow_1st.jpg
RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW
posted by yasuhiro hara at 22:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽

2008年05月18日

虹の由来

「レインボーっていう名は、実はロスアンゼルスのナイトクラブの名前なんだ。俺の行きつけの店でね。ワンオーダーでビールが何本も飲めるんだ。それにドンチャン騒ぎの出来るクラブでね。とてもいい名前だと思ったから拝借したのさ。」
(リッチー・ブラックモア/リッチー・ブラックモア研究会編)より。

店名を考えた時に、真っ先に浮かんだのがRAINBOWだったのですが、やはり少年時代に強烈なインパクトを受ていた影響でしょうか。
でもホントにまじめに考えたんス…
「メガネの原」…いや、ありきたりすぎる
「アイアンメガネ」…「メガネ・プリースト」…「ブラック・メガネ」…「メガネサバス」
「メガネ・オズボーン」…「ランディ眼鏡店」…
「ツェッペリン・オプティック」…「パープル・メガネ」…
と連想ゲームのように、際限なくロック系の名前しか浮かばず、妻からは「もういい加減そこから離れなさい!」と言われ、
で、最終的に店名を申請する期限がきてしまい、結局「optic RAINBOW」と、なってしまいました。

こんど店名の由来を聞かれたら、
「レインボーっていう名は、実は銀座のナイトクラブの名前なんだ。俺の行きつけの店でね…」

Rainbow2nd_rising_1.jpg
Rainbow Rising / Rainbow
posted by yasuhiro hara at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽