2014年02月14日

今日も東京は雪

先週の8日土曜日に続いて今日も雪になっています。

20140214_1.JPG
前回と同じようですが、今日の雪景色です。


東京ではこのくらいでも大雪なので、今日はお客様のご来店はないと
思いますので少しのんびりムードです。

そういえばですが、先日、母校の北見工業高校から同窓会名簿の
案内が届いていました。


kitako_dousou.JPG


以前勤務していた、中野のマリコ眼鏡店に届いていたそうで、先輩の
古川さんがわざわざ届けてくださいました。
今年は北見工業高校が創立50周年を迎えるとのことで、その記念
として同窓会名簿を作るのだそうです。

kitako201402_1.jpg
現在の北見工業高校 (今日の北見より

800px-Hokkaido_Kitami_Technical_High_School.jpg
雪がないとこんな感じです。

現在は立派な校舎ですが、私が卒業して数年後に現在の新校舎と
なりました。

訓子府から池北線で北見を経由して石北本線で東相ノ内まで
通っていましたが、先週の東京に降った雪の4倍くらい降ると、
汽車も動かなくなるので、ひと冬で2回くらいは臨時休校になる
こともあったと記憶しています。


posted by yasuhiro hara at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生い立ち

2013年12月26日

株式会社 はら時継店

本日、平成26年12月26日付で、当店 opticRAINBOW は
社名を「株式会社 はら時継店」となりました。

この良き日を迎えられましたのも、多くのかたの支えとご愛顧があった
ためであり本当に感謝に堪えません。

また、会社設立にあたっては、当店スタッフはじめ多くのかたのサポートと
ご尽力がありましたことを本当にありがたく思います。

社名を「はら時継店」といたしましたのは、
これまで約50年時計店を営んできた父の意志を継ぎたい
との思いからです。

1sttenpo_1963ex.jpg
昭和30年代創業当時の原時計店(北海道・訓子府町)


私は、昭和57年に高校卒業と共に上京し眼鏡専門学校に入学しました。
当初は実家の家業を継ぐためだったのですが、その後の地域経済の
変化もあり、東京に留まっていました。

そして結局は、東京杉並区に独立というかたちで眼鏡店を創業しましたが
父も70代後半になり、昨年末に実家の原時計店が閉店することになり
何らかの形で父の意志を残したいとも考えていました。

会社設立にあたって社名は原時計店にしようと考えていました。

当店は時計の取扱いはなく、これからもたぶんないと思いますし
眼鏡一本でやっていこうと考えると、理にかなわないとも思いますが
父に意見を求めたところ、以外にも父は「字画が良くない」と
渋っていました。

私は字画のことなど考えたこともなく、父の意見は以外でしたが
それでも原時計店にしようと会社の印鑑を作ったのですが、仕上がった
印鑑を押してみたところ、なにか気に入らなく思いました。

機械掘りの印相が無機質に感じたせいなのかもしれませんが、
どうせならと手掘りの印鑑を作ることにして、当店スタッフの薦めも
あり、その際に字画も診てもらうことにしました。

そして、多くの案の中から「はら時継店」という名前が決まりました。

posted by yasuhiro hara at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生い立ち

2013年10月26日

北海道 訓子府町へA

私自身の実家への帰省は十数年ぶりなのですが、街並みはそのころよりも変わっていて時代の移り変わりを感じました。


201324hara.jpg
昨年末に閉店した実家の時計店


20131024kunneppetwonloot50.jpg
道道50号線を北見側から見る街並み


20131024kunneppetwonekimae.jpg
50号線と訓子府駅前通りの交差点


20131024kunneppetwoneki.jpg
訓子府駅


20131024ekinaka.jpg
駅舎内


初めて中に入りました、私が高校に通学していたころは古い木造の駅で、平成元年にこの駅舎になりました。

国鉄時代は北見と池田町を結ぶ地北線としてなくてはならない路線でしたが、国鉄の分割民営化により
第三セクターの運営する、ふるさと銀河線として平成18年の廃線まで運行しておりました。


20131024park1.jpg
訓子府中央公園


駅前通りに面した実家を通過すると中央公園があります。
私が小学生の時に雑木林のような状態だったのがきれいに造成されライトアップされた噴水が設置されました。
高度経済成長の豊かな時代でした。


20131024park2.jpg
生まれ頃からある二宮金次郎像


20131024kunshyo.jpg
訓子府小学校


20131024merontoilet1.jpg
小学校を通過し常呂川に架かる叶橋へ


20131024merontoilet2.jpg
メロンをイメージした公衆トイレです。
無駄と言えば無駄かもしれませんが、あると便利です。



kanoubashi1.jpg
叶橋


この叶橋も私がいたころは、歩道もなく大型トラックに危険を感じながら通っていました。


20131024kanoubasi2.jpg
希望がもてそうな、願いが叶いそうな銅像です。


20141024tokorogawa.jpg
叶橋から見る常呂川


20131024kanoubashi3.jpg
メロンを模した街灯が和みます。


20131024teibou.jpg
常呂川沿の堤防を通って中学校方面へ


夕方、再び父のお見舞いに行き、午後8時の便で帰路につきました。


20131024kitami.jpg
北見市の中心商店街


20131024memannbetu1.jpg
女満別空港


20131024memannbetu2.jpg
台風も遅れていたため、帰りは満席でした。



posted by yasuhiro hara at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生い立ち

2013年10月25日

北海道 訓子府へ帰省

先週末に父が入院したとの連絡を受け、23日水曜日から北海道の実家に帰ってきました。


20131023haneda.jpg
今日はエアドゥでのフライトでした。

ANAでチケットを購入したはずが…
共同運航とのことですが、当日は急な機種変更もありちょっと不安でした。

台風接近にともない、機内はガラガラでした。


20131023kinai3.jpg
しばらくは曇り空で一面の雲でしたが青森上空では晴れて青々と太平洋が見えました。


20131023kinai4.jpg
エアドゥのマスコットキャラの紙コップ


20131023kushiro.jpg
釧路港上空、北海道には釧路からはいりました。


20131023kushyaralake.jpg
初冠雪の屈斜路湖周辺

屈斜路湖と阿寒湖の間を通り女満別空港に着陸しました。

女満別空港からバスで北見へ行き、母と待ち合わせました。
十数年ぶりの帰省でしたが、新たに高速道路が整備され、以前は1時間弱かかったのが
30分ほどで北見に到着。

その後、父の入院先へ向かいました。


20131023doutouhospital.jpg
北見の脳外科病院


父は脳梗塞だったのですが、発見が早かったため、入院4日目にはほとんど後遺症が残らないだろうとの診断で、私が病院に着いた時には、足取りも普通で、右手指先に僅かに痺れが残るくらいでした。
先週金曜日の朝食時に、右半身に痺れがあり本人は週明けにでも病院にいくつもりでいたらしく、母に即され直ぐに脳外科に掛かったことが良かったようです。


先週には、従兄とお互いの親の心配をしていたばかりで、父は70代後半の今まで入院したことがなかったため、いよいよこの時がきたかと覚悟を決めたほどでした。


20131023lute39.jpg
午後4時すぎには、実家のある訓子府に向かいました。


20131023lute3901.jpg
懐かしい矢印標識
吹雪のときは道路の幅が分からなくなるのでこの標識が路肩に沿って続いているのですが
なんていう名称か思い出せないです。


posted by yasuhiro hara at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 生い立ち

2013年09月02日

50年生きて

今日9月2日で50歳になりました。

50年、半世紀も、早いなぁ…ふりかえるとあっという間でした。
ということは、人生の折り返しをとっくに過ぎてしまった
ことになります。


私は、昭和38年(1963)9月2日に、北海道常呂郡訓子府町に
生まれました。
「ところぐんクンネップちょう」と読みます。


kunneppu_map.gif

訓子府は、北見市と置戸町に挟まれた、玉ねぎ、ジャガイモ、
とうきび(トウモロコシ)などを主に生産する農業と酪農の町です。
現在は訓子府メロンが特産品として知られるようになりました。


私は、そのような訓子府町で時計店を営む両親のもとに
長男として生まれました。


yhara_1964_1ex.jpg
昭和39年 1歳になるころ 仕事場で
将来の運命を暗示するような一枚です…


yhara_1965_1ex.jpg
昭和40年冬 1歳半

当時犬を飼っていたとの記憶はまったくありませんが、
こんな写真もありました。
チビという名前だったそうです。

オシャブリをなかなか卒業できなかったと聞いています。



yhara_1965_2ex.jpg
昭和40年初夏

当時、日本は高度経済成長の真っただ中で、景気が良かった
ことが入荷した商品の段ボールが積まれている
ことでうかがい知れます。


当時は道路がまだ舗装されているところがなく、店の前は歩道と車道の
区別がなく、当時の農作業はまだ馬に頼っていましたので
よく馬を引く光景が見られ、いたるところに馬糞が落ちていた
記憶があります。




posted by yasuhiro hara at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 生い立ち

2008年03月11日

訓子府から

訓子府のおじさんから開店祝いが届きました。
訓子府と書いて”クンネップ”と読みますが、北海道の北見市の隣町です。

私はその訓子府出身で、今も両親が時計とメガネの兼業店を営んでいます。
さっそくお礼の電話を入れましたら、床屋のおじさんはえらく元気な様子で、私の独立開業を喜んでくださいました。
「いや〜よかったな!頑張ったなぁ〜たいしたもんだっ!」
実は私が10数年前に祖父の葬儀で帰郷したさいに、おじさんといろいろ話した際に
「男だったら独立しろ!職人は人に使われていたらダメさ。」
と言われ、それ以来その言葉は頭の隅にずーとあり
たまにふと思い出しては自分を奮起させていました。
posted by yasuhiro hara at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 生い立ち

2008年03月05日

Catch the Rainbow

老舗眼鏡店を退職し独立開業いたしました。
店名にこじつけて、タイトルを”キャッチ・ザ・レインボー”
としましたが、虹をつかむまでにはまだまだ遠い道のりのようです。
強度近視用ウスカル枠、大きいメガネ、丸メガネ、など他店にないフレームを扱っています。
その他に、パソコンメガネ、深視力検査、視覚機能検査などもやる技術系のメガネ屋です。
posted by yasuhiro hara at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 生い立ち