2013年12月26日

株式会社 はら時継店

本日、平成25年12月26日付で、当店 opticRAINBOW は
社名を「株式会社 はら時継店(ハラトケイテン)」となりました。

この良き日を迎えられましたのも、多くのかたの支えとご愛顧があったためであり本当に感謝に堪えません。

また、会社設立にあたっては、当店スタッフはじめ多くのかたのサポートとご尽力がありましたことを本当にありがたく思います。

社名を「はら時継店」といたしましたのは、これまで約50年時計店を営んできた父の意志を継ぎたいとの思いからです。

1sttenpo_1963ex.jpg
昭和30年代創業当時の原時計店(北海道・訓子府町)


私は、昭和57年に高校卒業と共に上京し眼鏡専門学校に入学しました。
当初は実家の家業を継ぐためだったのですが、その後の地域経済の変化もあり、東京に留まっていました。

そして結局は、東京杉並区に独立というかたちで眼鏡店を創業しましたが、父も70代後半になり、昨年末に実家の原時計店が閉店することになり、何らかの形で父の意志を残したいとも考えていました。

会社設立にあたって社名は原時計店にしようと考えていました。

当店は時計の取扱いはなく、これからもたぶんないと思いますし、眼鏡一本でやっていこうと考えると、理にかなわないとも思いますが、父に意見を求めたところ、意外にも父は「字画が良くない」と渋っていました。

私は字画のことなど考えたこともなく、父の意見は以外でしたが、それでも原時計店にしようと会社の印鑑を作ったのですが、仕上がった印鑑を押してみたところ、なにか気に入らなく思いました。

機械掘りの印相が無機質に感じたせいなのかもしれませんが、どうせならと手掘りの印鑑を作ることにして、当店スタッフの薦めもあり、その際に字画も診てもらうことにしました。

そして、多くの案の中から「はら時継店」という名前が決まりました。

posted by yasuhiro hara at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生い立ち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83259670

この記事へのトラックバック