2013年02月23日

カラマーゾフの兄弟

毎週土曜日夜11時から、ドラマ「カラマーゾフの兄弟」がフジテレビで放映されています。

原作は、ロシアの文豪ドストエフスキーの長編小説のドラマ化ですが、原作が原作だけにかなりあくの強いドラマとなっています。

実は、舞台となる黒澤家の秘書、小栗晃一役の渡辺憲吉さんの掛けているメガネは、強度近視用メガネのウスカルメガネです。

渡辺さんは、テレビドラマや映画に多く出演されている俳優さんで、普段はコンタクトレンズでさまざまな役柄を演じておられますが、長時間の撮影現場でコンタクトレンズの使用は、目の乾燥など辛いことが多いらしくメガネで仕事ができたら良いのにともおっしゃっていました。

渡辺さんは、当店にご来店される強度近視のお客様の平均的な度数の倍の度数もあることから、普通の役ではコンタクトレンズ無しでは難しかったのですが、今回の秘書役は、ミステリアスなイメージを要求されたことから、渡辺さん自前のウスカルメガネでの出演となられたそうです。

画面でみると、さすがに度が強く見えるのですが、渡辺さんの度数を知っている私が見る限りでは、とてもそのぐらい強い度数であると気づくかたは少ないのではないかと思います。

毎回楽しみにしていますが、今日は渡辺さんのアップがあるでしょうか?

カラマーゾフの兄弟公式サイト

posted by yasuhiro hara at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62811886

この記事へのトラックバック