2011年03月04日

iPad用アプリ「ホッピーのビジョン・トレーニング」

以前、ビジョン・トレーニングに使えそうなiPad用アプリをご紹介しましたが、この度、視覚機能の改善を目的としたビジョン・トレーニング専用ソフトが、神戸の米国オプトメトリスト・北出ODの企画・監修により、iPad専用アプリとして発表されました。

hoppy1.jpg
iPad専用アプリ「ホッピーのビジョントレーニング その1」

以下はAPP Storeの説明文です。
+++++++++++++++++++++++++++++++
『ホッピーのビジョントレーニング その1』は、視覚機能をトレーニングするためのiPad専用アプリです。

「読み書きや球技が苦手」という人は、視覚の機能に問題があることがあります。

『ホッピーのビジョントレーニング その1』を使うと、ゲーム感覚で楽しみながら視覚機能の中の眼球運動能力・眼と手の協調能力・両眼視能力などをトレーニングすることができます。

ちなみに「ホッピー」は画面に登場するキャラクター犬の名前です。

~ 使い方 ~
8×8マスのゲーム板の中で色が違っているマスを指でタップすると1ポイント獲得です。
色違いのマスは次々に移動するので、頭を動かさずに眼で追いかけるようにすると眼の運動のトレーニング効果が高くなります。
ハイスコアが記録されるので、自己新記録の更新を目指してチャレンジしてみてください。

タップするマスの文字を声を出して読むことで音読の練習にもなります。

矢印バージョンは(右・左上)などと方向を声を出して言うことで方向認識の練習にもなります。
赤緑の3Dメガネをかけてトレーニングを行うことで弱い方の眼の見る力を鍛えるトレーニング、
両眼をバランスよく使って見るトレーニングができます。

+++++++++++++++++++++++++++++++

hoppy2.jpg
トレーニング設定画面
視標の種類と色、視標の移動する方向、スピードを選択します。

hoppy3.jpg
トレーニング画面
色が変化した視標を指でタッチします。
(頭を動かさずに目だけで追うことに注意します。)

スピードは4種類選択できますが、まずは移動した視標をしっかり見ることを心がけ、「押し待ち」か「初級」のスピードから始めます。
移動の方向も横方向、縦方向、斜め方向、ランダムと選べます。

視標が移動するさいに、赤と青に反転しますが赤緑メガネをかけて練習することもできます。
rgglass.jpg
赤緑メガネ 右眼に赤レンズ、左眼に緑レンズを装用して使用します。

赤に反転した視標は緑色のレンズを通すと読めますが、赤色のレンズを通しては見えなくなります。
青に反転した視標は赤色のレンズを通すと読めますが、緑色のレンズでは見えなくなります。
このように赤緑メガネを使用すると、優位眼や抑制もわかり、弱い方の眼をトレーニングすることもできます。
hoppy4a.jpg
hoppy4ag.jpg
赤に反転した視標は緑色のレンズで読むことができます。

hoppy5a.jpg
hoppy5ar.jpg
青に反転した視標は赤色のレンズで読むことができます。

この有意義なビジョン・トレーニング用のアプリが、なんと無料で提供されています。
iPadをお持ちの方はぜひダウンロードしてみてください。
APP Storeカテゴリ:教育

視機能トレーニングセンター Joyvision
http://www.joyvision.biz/
posted by yasuhiro hara at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 検査VT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43689688

この記事へのトラックバック