2010年10月16日

航空身体検査

昨日と今日、パイロット試験をパスするために必要な、深視力検査をご希望のかたがご来店になりました。

深視力とは、立体視の程度のことですが、測定方法は三桿法を用いることがほとんどです。

sinkei_b.jpg
三桿法を用いた深視力検査練習器

sinkei_d.jpg
三本の棒のうち中央の棒が前後に動きます。

この三本の棒を正面の窓から見て、横に並んでいるかどうかを測るのですが、その誤差は前後2cm以内が合格基準です。

立体視の程度を測定するためのものですが、立体視をするためには
両眼で同時に見ることが必要ですし、さらに深視力検査のように精密な立体視を得るためにはさらに様々な条件が必要になります。

今回のかたがたの航空身体検査には眼位といって、両眼の視線のズレの程度(斜位)にも合格基準があります。

外斜位は8△以内ということですが、8△でも日常両眼視ができていて良好な深視力が得られれば良いと思うのですが、たまに片眼視になってしまう人もいることからこのような基準になっているのでしょうか。
しかし、その斜位の検査方法を聞いて疑問に思ったのは、マドックス法で検査をするとのことでした。
マドックス法は、左右の眼それぞれにまったく別のものを見せて眼位を測る方法(融像除去眼位の測定)ですが、この場合は日常の両眼視の状態と違いますので、大方は斜位量が多めにでてしまいますので、合格基準を満たさなくなることもあるのではないかと思います。

現に、昨日ご来店になったかたは、深視力検査は合格しても眼位の基準で落ちてしまったそうです。
眼位の量の測定よりも、両眼視ができていて、片眼視になることがないかという基準の方がムダが無くて良いのではないかと思います。

posted by yasuhiro hara at 15:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 検査VT
この記事へのコメント
名古屋の森です。
航空検査に斜位検査があるってはじめて知りました。
マドックスってことは、考え方の根拠はドイツ式があるのでしょうか。
個人的にはフォングレフェ視標を使う検査で十分だと思っているのですが…
視力検査って、その基礎の考え方もよくわからないし、そもそも実施する側に確固たる目的と基準があるの?って思うことがあります。
特に一般の運転免許!
あ、あとioftですが噂ではちょっとしたブースを作るのにも(狭いところは除く)、標準で一千万円かかるとか。
レンズメーカーさん大手は、ある特殊なしがらみのあるトウカイさんを除いて費用対効果から出展するところはないでしょうね。
以上、ACCEPTとロブ・ハルフォードを見て声がかれてる眼鏡屋の愚痴でした(今日はOZZYとMOTORHEAD…もちろん明日から仕事)
Posted by tarsan at 2010年10月17日 06:45
ラウド・パークお疲れ様でした。

民間と自衛隊などで違うのかもしれませんが、以前はフォングレーフェだったように思っていました。
ちなみに、電車の運転士の身体検査にはステレオフライテストをやっている会社もありましたよ。
普通免許は良いとしても大型や二種免許での深視力検査では、近年光学式の省スペース型に切り替わっていましたが、あまりにも合格率が低いせいか、2.5m式が復活している試験場が出て来ているようです。

IOFTのブース代は高いと聞いていますが標準で1千万はびっくりですね。
ベストドレッサー賞のギャラも知りたいですね。
Posted by hara at 2010年10月17日 19:30
ベストドレッサー賞!
これって、どうしてジーンズと同じように同じ人が受賞し続け殿堂入り、っていうのがないんでしょう?
いかにも、毎年話題づくりのために選んでます、というのがアリアリと見えるんですが…
会場でそんなようなことを大声で言ってるヤツがいたら、僕だと思ってください。
電車の運転士の話も初耳です、参考になりました、ありがとうございます。
某関西の卸兼メーカーさんの話です。
ブースの開設費用が高いみたいですね、もちろんリードのピンはね(おっと失礼)費用は言うまでもなく。
Posted by tarsan at 2010年10月18日 00:15
> これって、どうしてジーンズと同じように同じ人が受賞し続け殿堂入り、っていうのがないんでしょう?
> いかにも、毎年話題づくりのために選んでます、というのがアリアリと見えるんですが…

もう23回目なので、まっとうなファン投票できないでしょうか?Burrn!みたいに…無理なのかなぁ。

IOFTは、業界の活性化のために必要なので存続してもらいたいですが、他業種よりも景気の影響をもろに受けている業界なので出店料を安くしてもらいたいですよね。
リード側は来場者数を上げようとしていますが、出店社にもメリットが無いと質が落ちて、来場者も行く気がしなくなりますよね。
割と東京近郊からの来場者は減っているということも聞いています。
毎年リード側から数値での結果は公表されますが、質とか満足度は年々落ちているのが現状ではないでしょうか。
Posted by hara at 2010年10月18日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41334758

この記事へのトラックバック