2008年10月10日

ドリーム・シアター/DREAM THEATER

バンド活動を辞めた90年から2000年あたりまで、ほとんど音楽を聞かなくなり、それまで聴いていたCDをたまに聴いていた程度でした。
心に傷を負ったとか、失恋したとか、音楽業界に失望したとか、特にドラマチックなことがあったわけではなく、深い意味もなにもないのですが、ただ単に積極的に聞かなくなったというだけで…、まあ一つ理由をあげるとすれば、ロックミュージシャンがお化粧をするようになったことでしょうか。(*^_^*)

その空白の10年の中に登場したDREAM THEATERは、バンド名を知っているくらいで、テクニシャン揃いでへヴィなプログレバンドというくらいの知識しかなかったのですが、先日、フィッティング中にお客さんと音楽の話しで盛り上がり、一押しの名盤ということで薦められてCDを貸していただきました。
1曲目の「PULL ME UNDER」からラストまで、完成度が高いというか、感心しながら一気に聴いてしまいました(ちとオヤジくさい表現か)。
お客さんがいないとはいえ、一応仕事中なわけで首振るわけにもいかず、しかしロック魂がメラメラと…!

特に「ANOTHER DAY」は、ヴォーカルラインといい、盛り上げてくれるギターソロといい、ウインドシンセ(?)の効果的な使い方といい、おいしいところばかりで、哀愁好きの日本人には泣ける佳曲です。
琴線に触れますな〜。

im&w_DT1.jpg
Images and Words
IMAGES AND WORDS / DREAM THEATER

posted by yasuhiro hara at 00:47| Comment(3) | TrackBack(1) | 音楽
この記事へのコメント
今回のブログは、ところどころでクスッと笑ってしまい、楽しませていただきました。 ^^ (特に前半。)
自分の好みの曲に出会えたときってものすごく嬉しいですよね。
Bマニロウにはまっている私ですが、つい1週間ほど前に、haraさんもご存じのコパカバーナの2005 DANCE MIXという、アレンジの違うものを聴きまして、すっかりお気に入りになってしまいました。
Posted by K at 2008年10月10日 07:51
ルドルフと申します、はじめまして。
自分も90年代はほとんど洋楽を聴かずに過ごしてきました。で、ドリーム・シアター聴いてぶっ飛びました。いや〜いい。

・・・おんなじですね(笑)
Posted by ルドルフ at 2008年11月07日 21:33
ルドルフさん、はじめまして。
ブログ拝見しました、なかなか鋭い分析をされていますね。
80年代も流行りもには、拒否反応がでていましたが、90年代はその流れで白けていたのかもしれません。
まあ、でも今は当時のものも拒否反応なく聞けますし、ただ自分が尖がっていただけのようですね。
ちなみに、横の写真の右のストラトのヘッドには、タバコの焼け焦げがあります。
こちらはクラプトンのマネです。
Posted by hara at 2008年11月10日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20853688

この記事へのトラックバック

続々・空白の90年代を探す旅(その2) ‐ 「イメージズ・アンド・ワーズ」を聴いてみた
Excerpt: 1990年代の洋楽をほとんど聴いてこなかった私ルドルフがこう言うのもなんですが、90年代当時の洋楽シーンは“混沌”という言葉で言い表せるのではないか、なんて思ったりしています。 思えば、1970..
Weblog: POP'nBlog
Tracked: 2008-11-07 21:28