2008年09月06日

地獄烈伝〜キッス

う〜ん、これはちょっとサプライズというか、普通はありえないというか、普通ならこの手の企画、昔の曲を新しくレコーディングするなら、現在の解釈でとか、アレンジを変えるとかやるのが普通だが…やはりジーン・シモンズ&ポール・スタンレーは、並の商売人ではないのか、いや並のエンターテイナーではないということか…。
たとえば、DEUCEなどは、初期のスタジオ録音特有の軽くスカスカした音のテイストで録音されており、それぞれの曲ごとに徹底して当時のテイストを崩さず、あくまで現在のキッスでレコーディングしていて、予備知識がなく聞くと「これリマスター?」と思えるほど原曲に忠実にやってます。

まーでもオーディオで聞くと、音のレスポンスが良く楽曲ごとの年代差も感じなく、ドラムもよりロックしていていいっすね。
賛否両論ありますが、曲の並びもいいし楽しめます。

kiss_dfcp56-7.jpg
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~
JIGOKU-RETSUDEN-NEW RECORDING BEST

1977年初来日の武道館ライブDVD付を買いましたが、画質が今ひとつなのが残念。こんどはぜひNHKのマスターテープでDVDを出してもらいですね(字幕なしで)。
posted by yasuhiro hara at 13:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
久々のブログ更新ですね!
というわけで早速書き込みさせていただきました〜。
お気に入りのアーティストのCDとかDVDって、
持っているだけも何だかウキウキしますよね。
ちなみにロックとは関係なくて恐縮なのですが、
私は今、Barry Manilouという方にすっかりはまっています。
(随分と古い方のようなのですが。)
Posted by K at 2008年09月07日 09:50
初来日のライブDVDが付いていたので買ったんですが、当時中学1年の時にNHKで放送されて、その時の衝撃は相当なものでした。
これをきっかけに目覚めた子供は多かったようです。その後いわゆるKISS世代といわれたのが、今45歳前後の僕らです。
その当時にバニー・マニロウも日本でもヒットしていたのでよく耳にしました。(といっても「コパカバーナ」くらいしかしらないですが…でも最近どっかで聞いたような…。)

もう耳の体力も落ちてきたようで40を過ぎるとキッスはちょっときついかな〜って感じもしてます。
Bマニロウやボズ・スキャッグスのようなAORも耳に心地よくなってきました。
Posted by hara at 2008年09月07日 19:42
BマニロウとKISSって同じ頃に活躍なさっていた方なのですね!
そう言えば、Bマニロウのファンになったきっかけは、haraさんよりちょっと年上くらいの方で音楽好きの方が貸してくださった数々のCDの中にあったものでした〜。
コパカバーナは明るい感じの曲ですよね。結構好きです。
あと、AORって言葉、知りませんでした。(今ネットで調べました。)勉強になりました。^^
Posted by K at 2008年09月08日 07:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18924640

この記事へのトラックバック