2017年05月30日

サングラス


年中で一番、紫外線が強いといわれるこの時期ですが、
ここのところ年々、太陽光が強くなってきているように感じます。

紫外線のケアも必要ですが、太陽光の強い光の
網膜への影響も心配されますので、
まぶしく感じない濃度のサングラスは
特に今の時期は必要ではないかと思います。

「濃度が濃いサングラスは瞳孔が開いて、紫外線を
多く目に取り込むので、薄い濃度のサングラスの方が
良い。」

との、俗説がテレビでも取り上げられますが、
あまり根拠のない俗説に惑わされずに
快適にサングラスを使いたいものです。

日本で流通しているサングラスの濃度では
一般的に85%が一番濃い濃度で作られることが多い
のですが、
この時期の晴天で、85%のサングラスを掛けて
外出しても、暗くは感じないと言われます。


h290530_1a.jpg
サングラス未装用

h290530_1b.jpg
ブラウン色の濃度85%をカメラレンズに装用して撮影

デジタルカメラをオート撮影で撮っていますので
色相・彩度・明度(色の三属性)は正確ではありませんが

実際にサングラスを装用すると、眼と脳は、ある程度の
色の三属性を補正して見ますので
このような感じで見ているように感じます。

実際に遠方まで良く見えることは、充分な縮瞳が
されている証拠ではないかと考えられます。


h290530_2a.jpg
サングラス未装用


h290530_2b.jpg
ブラウン色の濃度85%をカメラレンズに装用して撮影


サングラスの濃度は、使い分けて使用するのがよいですね。





posted by yasuhiro hara at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 視機能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179907228

この記事へのトラックバック