2008年07月07日

丈夫な逆ナイロール

逆ナイロールは、テンプルが広がりやすて、私は嫌いなのですが
テンプルが広がりにくくて、壊れにくい構造の逆ナイロールがありました。
pp1567_02.jpg
逆ナイロールにかぎらず、ナイロールタイプでは
リムに智が直付けされているタイプが多く、その構造ではテンプルの広がりや曲りに弱いのですが、このフレームは、両智からブリッジにかけてワンピース構造になっているフロントパーツと、
レンズをホールドしているリムが分かれているため、広がりにも強く、そのため頭部をしっかりホールドしてくれます。
日本製チタン枠です。
http://www.opt-rainbow.com/pattipatti.html

posted by yasuhiro hara at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | メガネ
この記事へのコメント
つまり、二重構造のようになっているということなのでしょうか?ファッション性を実現しつつも、機能面を劣らないようにと考えて工夫して考案した人、すごいですね。
Posted by K at 2008年07月12日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16731258

この記事へのトラックバック