2015年05月31日

訓子府から

本日、私の故郷である北海道訓子府町から、Tさんがお越しになりました。

Tさんのお嬢さんが善福寺にお住まいで、私の母から私が西荻で眼鏡店を
やっているこを聞かれ、お嬢さんの所に来られた際にお立ち寄りになりました。

20131024kunneppetwoneki.jpg
訓子府駅

Tさんから訓子府のことをいろいろと伺う中、
故郷を離れて30年以上になると、本当に記憶が薄れてしまっていることに気が付きます。

上京して20年くらいのうちは、けっこう覚えていたつもりでしたが
母との電話で話す中でも、どこそこのナニナニさんが…といわれても
思い出せないことが多くなりました。

Tさんとの話の中で、ちょっと明るいニュースを知りました。

30年前は、訓子府の町にも、個人経営の食品スーパーや洋品店なども
多くありましたが、隣接する北見市に郊外型の大型ショッピングセンター
が出店するようになり、車で北見市に買い物をすることが増え
訓子府には、現在、個人経営の食品スーパーが一軒とコープがあり
洋品店はすべて店閉いしてしまったとのこと。

床屋の叔父さんの話では、理髪店と美容室は8軒もあるとのこと
やはり、地域密着の商売は生き残るということの証です。


そして、現在、私の実家のほど近い訓子府小学校の向かいに、
大型(中規模?)の複合ショッピングセンターができるとのこと

++++++++++++++++

ctymatkunneppu.jpg

 北雄ラッキー(本社・札幌市手稲区)は、7月中旬のオープンを目指してオホーツク管内訓子府町に食品と衣料の小型コンビネーション店舗の建設を進めている。地域密着型店舗として地元の食材を品揃えしたり、運営面では少人数でオペレーション(運営)ができるように惣菜類などのアウトパック化を徹底する。
 
 訓子府町は、北見市に隣接する人口約5300人のマチで、これまでは大手流通チェーンの食品スーパーは進出していなかった。北雄ラッキーは、シティびほろ店(美幌町)やシティあばしり店(網走市)など道東で4店舗を展開しており、オホーツク管内での流通事情に詳しく、訓子府町でのニーズは高いと見て出店を決めた。
 
 出店場所は、訓子府町役場に近い旭町。「シティマート訓子府店」として北雄ラッキーが食品と衣料のコンビネーション店舗、ホーマックニコット(本社・札幌市厚別区)が小型のホームセンターを向い合せに建設する。
シティマート訓子府店の売場面積は、約300坪で食品が230坪、衣料が70坪の比率。食品売場は、同社がこれまで培ってきた地域密着のノウハウを活用して地元食材を揃えるが、同社の通常の売場面積の約半分のため棚割り(陳列する商品の構成)は今後詰めていく。
 
 また、少人数でオペレーションできるようにバックヤードでのパック詰め作業などを簡略化、近隣のシティびほろ店で生産している惣菜を搬送するアウトパック化に取り組むほか、精肉も札幌のセンターから運ぶことを検討、低コストでの運営モデルを構築する。衣料は、下着、靴下などの実用衣料のほかファストファッションも用意する。
 
 シティマート訓子府店は、3月1日に就任した桐生宇優社長の元でオープンする初の店舗。「北見まで行かなくても地元で美味しい食品を提供する地域密着店舗にしたい」(桐生社長)。
++++++++++++++++++++++++++++

かなりローカルな話ですが、少しは町民の不便も解消されることと、
北見市に隣接した通勤圏のため、北見市よりも土地代が安いため
今後訓子府に移り住む人も増えてくる可能性もあります。

また、近いうちに帰省したくなりました。




posted by yasuhiro hara at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/136369172

この記事へのトラックバック