2014年11月06日

消費再増税

消費税の再増税の可否判断期限が迫ってきています。

安倍首相もさぞかし胃が痛む様子なのか予算委員会ではかなり苛立っているようです。

今年4月に実施された8%の消費増税は5兆円以上の税収増を見込み、当初は社会保障費のために必要な増税を謳っていましたが、蓋を開けてみれば大型公共事業や防衛予算、法人税減税などの財源に充てられてしまいました。

昨年、地元の北海道に帰省した折には、自公政権が復活したとたんに道路建設が盛んになり、車のほとんど通らない高速道路ができていました。
そのころすでに、自公復活⇒消費増税⇒公共事業の拡充という目論みだったのは明らかでした。

女満別空港から訓子府まで1時間半かかった所要時間は1時間弱となり、大変快適なドライブでしたが、しかし、道道を通ってもほとんど渋滞がないところになんで高速道路が必要なのか、だれが考えても無駄であり、
北海道の道路は傷みが激しいため今後の補修を考えれば、地方の大変な負担増にしかならないと思いました。

民主党政権で「コンクリートから人へ」と、かえって国民負担となる公共事業は控えられましたが、自公政権が復活した途端に元に戻ってしまいました。

そもそも、経済成長ということ自体がもう今の日本にとっては無理があります。
成長期はすぎて成熟、衰退期に入っている中で税制など社会のシステムを変えていくべきではないかと思います。

私が経営者となってから数年間で感じているのは、今の税制がとにかく毎年売り上げ増をしていかなくてはいけないシステムになっているのではないかと感じています。

自分の悪い頭では、明確にはその原因と欠陥が分からないところなのですが、社会の変化と経済の動きかたと税制を含めた政治の動きが噛合っていないように思います。
そろそろ成長しなくても楽に暮らしていけるシステムを考えていくべきではないかと思います。

それで、今回もまた「社会保障費のために必要な増税」だと、煽っていますが、こんなに国民を欺く悪政は本当にうんざりです。
自分たちの血税が、無駄な新国立競技場や自衛隊のオスプレイ購入などに充てられている現実とは裏腹に、ここのところ噴出している政治と金の問題は本当に腹立たしいかぎりです。

ここのところ、近所の飲食店や商店が数店閉店を余儀なくされており不景気の厳しい現実を肌で感じています。
今年4月の増税の影響がこれからますます出てくるのだと思います。



Taxman / THE BEATLES


Taxman
まずは仕組みをお教えしましょう
あなたの取り分を1とすれば 私のほうは19です
'Cause I'm the Taxman, yeah, I'm the Taxman

5パーセントではご不満ですか
全額徴収されないだけでも感謝なさい
'Cause I'm the Taxman, yeah, I'm the Taxman

車を運転なさるなら 道路に税金をかけ
おすわりになるのなら 座席に税金をかけましょう
お寒いようでしたら 暖房に税金をかけ
散歩なさるのなら あなたの足に税金をかけましょう
Taxman!

'Cause I'm the Taxman, yeah, I'm the Taxman

なにに使うかなどとお尋ねにならないことです
これ以上 税金額を増やしたくないならね
'Cause I'm the Taxman, yeah, I'm the Taxman

死にゆく方々にご忠告しますが
まぶたにのせたコインも申告もれなきように
'Cause I'm the Taxman, yeah, I'm the Taxman

結局みなさん方は私のために働いていらっしゃるわけです
Taxman!



posted by yasuhiro hara at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105281524

この記事へのトラックバック