2014年09月11日

バイフォーカル・レンズ

先日、久しぶりに二重焦点レンズを受注しました。
遠用度数のレンズに近見をするためのレンズを張り付けたレンズなの
ですが、近年は需要がめっきり少なくなりました。

b28_trv3_ex.jpg

これは私用の二重焦点レンズのメガネですが、
遠用部と近用部の鮮明さは累進レンズよりも鮮明に見ることができます。

度数は
R=S-1.75 C-1.00 Ax70 P0.5△B.I.N ADD1.50
L=S-2.00 C-1.00 Ax100 P0.5△B.I.N ADD1.50

いつも使用している遠近累進レンズと同じ度数で、プリズム量を少なく
しているため完全な比較ともいえないのですが、それでも明らかに
遠用部、近用部とも二重焦点の方が鮮明に見ることができます。

しかし、遠近累進レンズのように中間距離に焦点が合わせられない点と
近用度数の小玉と遠用度数の台玉の境目が邪魔に感じて
ストレスになり、累進レンズように視界にあまりボケを感じない
快適さが損なわれるために、しばらくは使用しておりませんでした。

今回、メガネ全体の位置を視線よりも数ミリさげて、なるべく境目が
邪魔に感じない位置まで下げて使用したところ、かなり使いやすくなり
しばらくメインで使ってみようかと思います。

近用部の像はプリズム作用により上に位置するため
境目部分では二重に見えますのでそれが不快に感じてしまいます。

見た目もデメリットでしょうね。


posted by yasuhiro hara at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103537012

この記事へのトラックバック