2014年09月03日

近視の過矯正


8月中にご来店された50歳男性の例ですが

二種免許を取るために教習所へ入所する際に
深視力検査に合格が出来なかったとのことで
ご来店になりました。

それまでの眼鏡は2カ月ほど前に量販店で購入された
遠近両用累進レンズでした。

その眼鏡の度数は
R=S-8.25 C-0.25 Ax26 ADD2.00
L=S-9.25 C-0.75 Ax163 ADD2.00

両眼開放屈折検査による完全矯正値は
RV=(1.2X S-7.25 C-0.50 Ax80)
LV=(1.2X S-7.75 C-0.25 Ax115)

前眼鏡は、ずいぶんと強すぎる度数で
深視力の三桿もボケてハッキリしなかったと言われていましたが
当然だと思います。
新しいメガネは加入度数を1.5で近くも見えやすくなったようです。

その三日後にご来店された30代女性も
数か月前にジンズで購入された眼鏡で
その度数は
R=S-9.25 C-0.75 Ax71
L=S-8.00 C-1.25 Ax174

完全矯正値は
RV=(1.2X S-8.00 C-0.25 Ax60)
LV=(1.2X S-6.00 C-0.25 Ax160)

もうこうなると別人の眼鏡を間違って渡されたのでは
と疑いたくなるほどの差ですね。

ここまで、酷くなくても
機械に頼る検査が横行している為なのか
近視過矯正が多いと感じることが最近特に多いです。


posted by yasuhiro hara at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 検査VT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103130974

この記事へのトラックバック