2014年11月28日

不当な圧力

本日28日付の新聞報道に、
解散前の11月20日付で、自民党から各テレビ局に「公平中立な
放送を心がけよ」との要望書が送られたとのこと。

804bb5e33ee2f75e96fea22c7d6f794520141127170433188.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++

選挙報道に露骨な注文…安倍自民党がテレビ局に“圧力文書”
                     日刊ゲンダイ 14/11/28

「公平中立な放送を心がけよ」――。自民党がこんな要望書をテレビ局に
送りつけたことが大問題になっている。

 文書は「選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保に
ついてのお願い」というタイトルで、20日付で在京のテレビキー局に
送付された。
差出人は筆頭副幹事長の萩生田光一と報道局長の福井照の連名。

その中身がむちゃくちゃなのだ。

 投票日の12月14日までの報道に〈公平中立、公正な報道姿勢に
ご留意いただきたくお願い申し上げます〉と注文をつけた上に、
〈過去においては、具体名は差し控えますが、あるテレビ局が政権交代
実現を画策して偏向報道を行い、
(略)大きな社会問題となった事例も現実にあったところです〉
とクギを刺している。

文中には「公平中立」「公平」が13回も繰り返されている。
要するに自民党に不利な放送をするなという恫喝だ。

さらに4項目の要望を列記。
露骨なのは〈街角インタビュー、資料映像等で一方的な意見に偏る、
あるいは特定の政治的立場が強調されることのないよう、公平中立、
公正を期していただきたい〉という要求。
この一文は、恐らく安倍首相から直々に注文があったのだろう。

11月18日、TBSに出演した安倍首相は、街頭インタビューで
一般国民が「景気がよくなったと思わない」
「全然アベノミクスは感じてない」
と答えると、
「(テレビ局の)皆さん、(人を)選んでおられる」
「おかしいじゃないですか!」とキレまくり、国民から批判を浴びたばかりだ。
安倍周辺は有権者の率直なコメントに神経質になっているという。

テレビ関係者が言う。

「要求を丸のみしたら、安倍首相の経済政策に批判的な人は排除する
しかなくなる。
街頭インタビューでは、景気停滞に苦しむ地方の不満や、右傾化路線を
批判する声も放送できなくなります」
まさに言論の封殺だ。政治評論家の森田実氏が言う。

「自民党がこんな要望書を出したのは初めてでしょう。
萩生田氏は党副幹事長のほかに総裁特別補佐を務める政権の
中心メンバー。
その幹部が自民党には『自由』も『民主主義』も存在しないことを宣言した。

実に恥ずべき行為です。
国民から言論の自由を奪うのは明らかに憲法違反。
彼は今度の選挙で立候補する資格はありません。
おそらく萩生田氏が安倍首相にゴマをするために行ったのでしょうが、
もし首相も了承しているなら、日本は世界から相手にされなくなります」

26日、自民党幹事長室に要望書の真意を問いただしたところ、
「質問を文書にして送れ」と要求した上、質問状を送ったら、
「取材にはお答えできません」との回答だった。このペテン政党に、
国民は正義の鉄槌を加えなきゃダメだ。

++++++++++++++++++++++++++++

こんな露骨なことをして平気な輩ですから
特定秘密保護法もいいように使われのは目に見えています。
権力を握らせていてはいけないです。

この人たちこそ、「道徳の授業」をやり直してもらいたい。

Tom Sawyer / RUSH





posted by yasuhiro hara at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2014年11月20日

遥かなる山の呼び声

高倉健さんが10日に亡くなられました。
高倉健さんの主演作で、私が強く印象に残っているのは、「幸福の黄色いハンカチ」と「遥かなる山の呼び声」で、どちらも私が育った北海道を舞台にした物語ということもあり、「北の国から」とともに思い入れがあります。

1980年の公開の「遥かなる山の呼び声」の感動のラストシーンは、今観ても目頭が熱くなります。
切ないけれど清々しいラストシーンが本当に良いですね。

道東の酪農地帯の四季を通じた物語となっています。

あらすじ(Wikipedia より)


北海道、中標津の酪農地帯。ある嵐の夜、1人の男(高倉健)が酪農を営む風見民子(倍賞千恵子)のもとを突然訪れ、雨風しのぎにどこでもいいので泊めてほしいと懇願。民子は男を物置小屋に泊まらせる。深夜の牛の出産を手伝った翌朝、男は礼を言い立ち去るが、民子の息子から礼金を受け取るときに父親を亡くしたことを知る。


再びその男、田島が民子のもとを訪れ自分を農作業員として雇うよう懇願する。
民子は一人息子の武志(吉岡秀隆)を育てつつ、夫の精一が開拓した農場を女手一つで営む未亡人であった。民子は田島をしぶしぶ雇い入れたが、当初は田島に警戒感を隠さなかった。
ある日、民子に好意を寄せる虻田太郎(ハナ肇)が現れ、民子に乱暴しかける。
それを目撃した田島は水をかけて追い返したが、虻田太郎は兄弟を引き連れ仕返しにやって来る。
そして草原で虻田3兄弟と決闘をする事に。
しかし3人は簡単にやられてしまい、手打ちと言うことで逆に田島を兄貴と慕うようになる。
民子が農場での作業中に腰を痛めて入院している間に武志は田島にすっかり懐いてしまい、その息子の姿や虻田3兄弟に慕われる田島の実直な性格を見るうちに、田島にだんだんと好意を寄せるようになる。
田島も函館からはるばる訪ねてきた兄の駿一郎(鈴木瑞穂)に、しばらく民子の農場に居るつもりだと打ち明けるように、落ち着きたい気持ちが湧いていた。


田島は草競馬に参加して見事優勝。
しかし長居することで身辺に警察の捜査が迫ってきたことを知り、田島は民子らのもとを去る決意をする。
その晩、別れを告げると同時に、隠し通してきた過去を民子に告白。
2年前、田島は借金を苦に自殺した自分の妻を葬式の席で罵った金融屋を殴り殺してしまい、警察の捜査から逃げていると言うのだ。それを聞いた民子はショックを隠せないで居た。
その夜、牛が急病になる。民子は急ぎ飲み屋で飲んでいた獣医(畑正憲)を呼んで診察を受けさせる。
稼ぎ頭の牛が危ないという辛い状況の中で、民子は田島に「行かないで、私寂しい」とすがりついてしまう。明け方までには牛の手術も終わり騒ぎも収拾した。と間もなく農場のそばにパトカーがやって来て、田島は立ちつくす民子と「おじちゃん!どこ行くの?」と泣きながら追いかける武志の元から去って行く。


田島に傷害致死として2年以上4年以下の刑が確定。
そして感動のラストシーンへ

ラストシーン、美幌駅に停車中の急行列車(「大雪」号)の車中に網走刑務所へ護送される田島を虻田が見つける。そして民子が田島の座る席まで来るのだが、護送員の目を気にして声をかけられないでいる。
そこで虻田は向かい側のボックス席に民子と座り、彼女が酪農を辞めて武志と中標津の町で暮らしながら田島を待っているということを民子との会話にして田島に聞かせる。
そして民子は黄色いハンカチを田島に渡し、田島は涙を拭いながら窓に顔を向けるのであった。


posted by yasuhiro hara at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2014年11月18日

Desperado

昨日発表されたGDP1.6%減の結果を受けて、いよいよ衆議院解散を
安倍首相が決断するとのこと。

今年4月の消費増税の影響が一因となっているのと、景気よくぶち上げた
あべノミクスの失敗は否めないようです。

10%への再増税延期は当然の判断であり正しいと思いますが、
それで国民の信を問うとは、ただの大義名分だとの大方の見方です。

「傷が深まらないうちに解散しましょう。」というのが見え見えで、
いったいどこまで好き勝手をやるのか、小さなことですが私達商人に
とっては、12月の総選挙は消費低迷を招くので歓迎できないのが
正直なところです。

安倍政権が、国民から信を問われるのは、これまで国民の声を無視して
行ってきたゴリ押しの政権運営であるべきです。

秘密保護法案、集団的自衛権の他、多くの重要法案が多くの反対の声を
押し切って成立し、武器輸出や原発を首相自ら売り込みにいくありさまは、
日本の在り方を変えてきてしまいました。

もう昔の自民党ではなくなってしまいました。
ならずもの政権には退場してもらいたいです。


Desperado / The Eagles


posted by yasuhiro hara at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2014年11月06日

消費再増税

消費税の再増税の可否判断期限が迫ってきています。

安倍首相もさぞかし胃が痛む様子なのか予算委員会ではかなり
苛立っているようです。

今年4月に実施された8%の消費増税は5兆円以上の税収増を見込み
当初は社会保障費のために必要な増税を謳っていましたが、
蓋を開けてみれば大型公共事業や防衛予算、法人税減税などの
財源に充てられてしまいました。

昨年、地元の北海道に帰省した折には、自公政権が復活したとたんに
道路建設が盛んになり、車のほとんど通らない高速道路ができていました。
そのころすでに、自公復活⇒消費増税⇒公共事業の拡充
という目論みだったのは明らかでした。

女満別空港から訓子府まで1時間半かかった所要時間は1時間弱となり
大変快適なドライブでしたが、しかし、道道を通ってもほとんど渋滞が
ないところになんで高速道路が必要なのか、だれが考えても無駄であり、
北海道の道路は傷みが激しいため今後の補修を考えれば、
地方の大変な負担増にしかならないと思いました。

民主党政権で「コンクリートから人へ」と、かえって国民負担となる
公共事業は控えられましたが、自公政権が復活した途端に元に戻って
しまいました。

そもそも、経済成長ということ自体がもう今の日本にとっては無理が
あります。
成長期はすぎて成熟、衰退期に入っている中で税制など社会のシステム
を変えていくべきではないかと思います。

私が経営者となってから数年間で感じているのは、今の税制がとにかく
毎年売り上げ増をしていかなくてはいけないシステムになっているのでは
ないかと感じています。
自分の悪い頭では、明確にはその原因と欠陥が分からないところ
なのですが、社会の変化と経済の動きかたと税制を含めた政治の
動きが噛合っていないように思います。
そろそろ成長しなくても楽に暮らしていけるシステムを考えていく
べきではないかと思います。

それで、今回もまた「社会保障費のために必要な増税」だと、煽って
いますが、こんなに国民を欺く悪政は本当にうんざりです。
自分たちの血税が、無駄な新国立競技場や自衛隊のオスプレイ購入など
に充てられている現実とは裏腹に、ここのところ噴出している政治と金の
問題は本当に腹立たしいかぎりです。

ここのところ、近所の飲食店や商店が数店閉店を余儀なくされており
不景気の厳しい現実を肌で感じています。
今年4月の増税の影響がこれからますます出てくるのだと思います。


税務署には悪気はないのですが…

Taxman / THE BEATLES


Taxman
まずは仕組みをお教えしましょう
あなたの取り分を1とすれば 私のほうは19です
'Cause I'm the Taxman, yeah, I'm the Taxman

5パーセントではご不満ですか
全額徴収されないだけでも感謝なさい
'Cause I'm the Taxman, yeah, I'm the Taxman

車を運転なさるなら 道路に税金をかけ
おすわりになるのなら 座席に税金をかけましょう
お寒いようでしたら 暖房に税金をかけ
散歩なさるのなら あなたの足に税金をかけましょう
Taxman!

'Cause I'm the Taxman, yeah, I'm the Taxman

なにに使うかなどとお尋ねにならないことです
これ以上 税金額を増やしたくないならね
'Cause I'm the Taxman, yeah, I'm the Taxman

死にゆく方々にご忠告しますが
まぶたにのせたコインも申告もれなきように
'Cause I'm the Taxman, yeah, I'm the Taxman

結局みなさん方は私のために働いていらっしゃるわけです
Taxman!



posted by yasuhiro hara at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費税