2014年01月24日

SCORPIONS

私の中ではしばらくの間は、スコーピオンズ=ウリ・ロート在籍時
だったのですが、
1984年のアルバム「Love At First Sting」は、良く聴いたアルバムでした。

512Yr0yuKpL.jpg
Love At First Sting / SCORPIONS

FLY TO THE RAINBOW は、ダサジャケでしたが、それ以降はどれも
カバーデザインが良く、このLove At First Sting のアルバムカバーは
ヘルムート・ニュートンの写真で何とも言えないエロさを感じてしまいます。

newton1.jpg
Helmut Newton

このほかにもヒプノシスが手がけた芸術作品なみのカバーデザインの
アルバムがありますが、Love At First Sting が、内容、カバー
デザインともに抜きん出ています。

ちなみに、Hニュートンは、晩年丸メガネを愛用していたようです。


posted by yasuhiro hara at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2014年01月06日

Fly To The Rainbow

4日から営業していますが、慌しい2日間がすぎて
今日は静かな月曜日です。

20140106.JPG


ブログタイトルの"Fly To The Rainbow"は、ご存じのとおり
SCORPIONS の名曲が由来なのですが、

flytotherainbow.jpg
Fly To The Rainbow / SCORPIONS

アルバムジャケットは意味不明のダサジャケで
しかも邦題が「電撃の蠍団」と…
1974年リリースのアルバムで、音も古臭く感じますが
中身は素晴らしい内容となっています。

まだ20歳そこそこだったウルリッヒ・ロートが
その後に確立する"ULI JON ROTH奏法"の片鱗をうかがわせる
独特のギターを聴かせています。


名曲"Fly To The Rainbow"は、アルバム最後に収録されていますが、
じつはこの歌詞の中に"Fly To The Rainbow"の言葉はなく
(別になくてもいいのですが)
4曲目の"Fly People Fly"のサビに以下のように歌われています。

All together
Fly to the sky
Fly to the rainbow
Fly people fly
Fly people fly

なので、歌詞としてはこちらの方が印象に残ってしまっています。

1978年中野サンプラザで行われた来日公演を納めたライブアルバムでの
"Fly To The Rainbow"は、洗練された印象を受けます。


posted by yasuhiro hara at 13:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2014年01月02日

平成26年新春

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別なるお引き立てをいただきましてありがとうございました。


2014bbsg2.gif

本年も心新たに精進してまいります。



41yPceG-JUL.jpg
Against the Wind / Bob Seger


今日からブログタイトルも
catch the Rainbow から Fly to the Rainbow に変わり心新たに頑張ります。




posted by yasuhiro hara at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記