2022年09月15日

チミケップ湖

9月12日、13日と、実家に帰省してきました。
コロナ禍のため、3年振りの帰省となりました。

20220912hara02ex.jpg

北海道 訓子府町の原時計店

父も高齢となり身体の不調もあるためこの機会に帰省してきたところです。

町は以前よりも寂しくなっているようですが、住宅地の誘致などまだまだ策はありそうに感じました。
ぜひ、今後の活性化を期待するばかりです。

今回は、機会があれば行ってみたかったチミケップ湖まで行ってきました。
訓子府から24kmなので30分で行ける距離でしたが、数年前のがけ崩れのため訓子府ルートは未だ通行止めでした。
北見ルートで行こうとしたところ、何故かナビは津別周りルートでした。
けっこうな遠回りでしたが、鹿鳴の滝方面から入るルートは初めてで、他のルートよりも原生林の獣道のようでした。

原生林を抜けると美しい湖が表れます。

20220912_timikeppu015ex.jpg


チミケップホテルの前を通り、キャンプ場で駐車しました。


20220912_timikeppu03ex.jpg
キャンプ場



中学生の林間学校以来45年ぶりに訪れました。



チミケップ湖

帰りは北見ルートで、、

行きも帰りもエゾシカと遭遇しました。

20220912_timikeppu018ex.jpg

posted by yasuhiro hara at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月20日

Firewind of Lova


しばらく左腕の不調で、フィッティングの時にも指に痛みがある状態で難儀しておりました。

頸椎ヘルニアじゃないかと悩んでいましたが、

なんと、

極度の肩こりが原因でした、

普段は肩こりの自覚がまったくなく、徐々に左腕を後ろや上に上げにくくなり、無理をすると激痛がするようになっていましたが、ひょんなことからマッサージをしてもらったところ、、

なんと、

五十肩ですなーと、脇の下や、肩を指圧していただいたところ、すぐに楽になり、今では生活や仕事に全く支障がなくなりました。

ということで、指もスムーズに動かせるようになりました。



先生ありがとうございました。


posted by yasuhiro hara at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年06月18日

Marshall Beer


mashlbeer01.jpg

お客様から差し入れをいただきました。

マーシャル・ビール

マーシャルアンプのビールです。

トップのカラーもマーシャルそのものです。



ulijroth_78tokyo.jpg
ウルリッヒ・ロートも



MS84.jpg
マイケル・シェンカーも



jeffbeck.jpg
ジェフ・ベックも



RBDP.jpg
リッチー・ブラックモアもマーシャルアンプでした。




mashlbeer02.jpg
当店のマーシャルアンプと共に



mashlbeer03.jpg
マーシャルヘッドホンと共に




マーシャルのロゴだけでときめきますね。

ありがとうございました。



posted by yasuhiro hara at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月09日

ロックの日


日本全国梅雨入りし紫陽花がきれいに咲いています。

この前、雪のことを書いてから早くも半年も経ってしまいました。
月日の過ぎるのが早いですね。

IMG_1005.jpg

6月9日は、ロックの日ということで、カギの掛け忘れ防止を啓もうするニュースもありました。

ロックの日と言えば、LOCKだけではなくROCKの日でもあります。

svsp.jpg
Sid Vicious/Sex Pistols 南京錠も付けてるぜ!


それで、これぞロックだ!という曲はどれだっ!

と考えましたが、、

1曲だけ選ぶのはムリですね、その日によって変わりますから。


ただ、中学生の時に初めて聞いた「The Song Remains the Same」は
ギンギラギンの衝撃的ロックでした。


The Song Remains the Same / Led Zepplin


ツェッペリンとは関係ないですが、

ロックは音の大きさと勢いが大事じゃないかと思います。

やはり若い時のギラギラな勢いがROCKを感じます。

年を取ると勢いがなくなるし、うるさいのもダメになってきて
最近は昔の歌謡曲やジャズばかり聴いています。

posted by yasuhiro hara at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年01月06日

4年ぶり


今日は東京も雪になっています。
まとまった積雪は4年ぶりということです。

20220106_1.jpg


20220106_2.jpg

今日は静かです。

追伸:雪質は、東京では珍しいパウダースノーでした。


posted by yasuhiro hara at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月05日

本年もよろしくお願いいたします。


新年は本日5日(水)から営業しております。

20210104_2.jpg

今年の年末年始は、曜日の並びの関係で、定休日である29(水)と、5(水)を営業し、間の30(木)〜4(火)の6日間を休みとしました。

創業以来の大型連休となりました。(その分定休日を営業したので実質は4日間です。)

創業当初は、31〜2日までの3日間、そして31〜3日までの4日間と増え、近年は30〜3日の5日間が正月休みとだんだん正月休みが増えています。

以前勤めていた眼鏡店は、1〜3日の三が日が休みで、昭和のころは大みそかも結構忙しく初売りの4日も忙しかったと記憶しております。

私の実家は時計眼鏡の兼業店で、元日のみ休みで、2日が初売りでした。
いつのころからか福袋を初売りで売ることになりましたが、元日は家族総出(子供は私と弟)で朝から福袋を詰めていました。

福袋の値段は、1万円から10万円くらいまであったと思いますが、貴金属宝石も取り扱っていたので中身は販売価格の3倍の値段の物が入っていたためか、毎年30分で完売するほど地元では好評でした。

両親は商売上手だったようです。

景気のせいなのか、時代のせいかわかりませんが商売の形も変化してきています。




posted by yasuhiro hara at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月03日

令和4年正月


2022_tiger.gif

あけましておめでとうございます。

昨年も格別なお引き立てをいただきましてありがとうございました。

昨年2021年も、変異するコロナに翻弄された1年でしたが、今年は世界全体が幸福になることを願うばかりです。

メガネの業界も、材料費の高騰と人手不足に加えて諸々の事情により、さまざまな面で規模の縮小を余儀なくされている現状があり、以前とは違う不便さに悩まされることが多いです。

やはり政府のかじ取りのまずさに日本全体が沈んでいる影響を受けています。

国の借金(国債発行残高)1200兆円は、累計上の数字だけのことで、地方自治体や企業、家計と違い、国は貨幣を発行できるので毎年借金はチャラになっています。

なので、社会保障料を引き下げ、企業が人材派遣に頼らず真っ当な賃金を払い、消費税を引き下げ、消費の活性化と経済の健全化を図るべきです。

posted by yasuhiro hara at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月15日

Deep Purple写真集


先日、高校時代の同級生からブログへのコメントをいただき、薄れつつある記憶を辿ることになりました。

きっかけは、高校三年生のころに放送開始となった「北の国から」の話題でした。

当時、「北の国から」が、クラスでも話題になっていたということでしたが、興味のなかった私は、全く記憶になく、コメントをいただいた佐藤君とツェッペリン伝記本とパープル写真集を交換したことまで教えてもらいました。

1981年から40年、つい10年くらい前までは、まだ高校生のままの感覚がありましたが、今では相当に記憶が薄れてきています。

そのガジ君と交換した写真集ですが、本棚にありました。


DPphotbock01.jpg


DPphotbock02.jpg
写真と代表曲の訳詞が載っています。
当時のライナーノーツには、訳詞がなかったのでこちらには訳詞のみ載っています。



DPphotbock03.jpg
俺はハイウエイ・スターだぜ!


DPphotbock04.jpg
レコーデイング・ドキュメントを歌にした「水上の煙」


DPphotbock05.jpg
リッチー・ブラックモアの雄姿


DPphotbock06.jpg
メンバー各自のセッション作まで網羅したディスコグラフィーは、大変参考になりました。


DPphotbock07.jpg
外タレ写真の巨匠 長谷部宏、後のBarrn編集長 酒井康が構成担当など、うれしい名前がクレジットされています。

当時は今と違って、動いている外タレさんたちを見る機会が少なかったので、写真集は貴重でした。
(もしかして、今は、"外タレ"とは言わないのか )




posted by yasuhiro hara at 16:50| Comment(11) | TrackBack(0) | 音楽

2021年07月22日

東京五輪

mttakaoopmont.jpg
高尾山山頂のオリンピックモニュメント


明日7月23日(金)から東京オリンピックが開催されることになりました。

招致活動から巨額の資金をつぎ込み、想定外のコロナ禍による延期。

開催決定当初から開催寸前までのごたごたは、当初からの民意を無視した政治主導とえげつない商業主義に原因があるのではないかと思います。

首相は「安心安全」を繰り返すだけ、担当相も民意をはぐらかし戦時中のように精神論を唱えるばかりで、これほど素直に喜べないオリンピックは初めてです。

それでも選手にはエールを送ります。

今週から始まった東京都内の交通規制は、幹線道路で大渋滞が起こり、東京のコロナ感染者数も昨日は1832人とか。

オリンピックの「安心安全」を願いますが、オリンピック開催ありきでの杜撰なコロナ対策のツケが心配です。


KamikazeAttack(1989 DEMOTAPE)/ KH&T




posted by yasuhiro hara at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年04月15日

ブルーライトカットどうなの?


ハフポスト日本版に、”ブルーライトカット眼鏡は子どもの「発育に悪影響」。日本眼科学会が指摘した4つの問題点とは?”
との記事が掲載されました。

この4つの問題点を私は肯定しますが、ただ、Aの中で「十分な太陽光を浴びない場合、小児の近視進行のリスクが高まります。」とありますが、これも根拠に乏しいものです。
なので、ハフポスト記事の”子ども発育に悪影響”も盛り過ぎな言い方です。


ブルーライトカットレンズについて私の意見としては以下のようになります。

@ブルーライトカットレンズは、眼精疲労の軽減にはならないけど、長時間のPC作業には減光効果はある。
Aブルーライトカットレンズは子供の発育に悪影響とまではいえない。

ネットでは、ブルーライトカットレンズの宣伝が氾濫していますが、米国眼科アカデミーHP「ブルーライトに関するQ&A」の記述の通りではないかと思います。
小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見


オプティックレインボーHP
ブルーライトカットPCレンズについて


pc_vg1_01.jpg


ハフポスト日本版 2021,4,15
(以下、引用)
ブルーライトカット眼鏡は子どもの「発育に悪影響」。
日本眼科学会が指摘した4つの問題点とは?
「十分な太陽光を浴びない場合、小児の近視進行のリスクが高まります」などと警鐘を鳴らしています。

ブルーライトカットの眼鏡を子どもが着用するのは、発育に悪影響を与えかねない。
そういう趣旨の声明を日本眼科学会など6つの団体が連名で発表した。この声明が出されたのは4月14日。
日本眼科学会の公式サイトに「小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見」として掲載されている。

液晶画面から出る「ブルーライト」をカットする眼鏡について、小児に「装用させることを推奨する動きが一部にあります」と指摘。
その上で「科学的観点からそれを危惧する」と警鐘を鳴らしている。

■4つの問題点とは?
「体内時計とブルーライトの関係についてはいくつかの論文があり、夜遅くまでデジタル端末の強い光を浴びると、睡眠障害をきたす恐れが指摘されています」として、「夕方以降にブルーライトをカットすることには、一定の効果が見込まれる可能性はあります」と記載。
その上で、4つの問題点を指摘した。

@デジタル端末の液晶画面から発せられるブルーライトは、曇天や窓越しの自然光よりも少なく、網膜に障害を生じることはないレベルであり、いたずらにブルーライトを恐れる必要はないと報告されています。

A小児にとって太陽光は、心身の発育に好影響を与えるものです。
なかでも十分な太陽光を浴びない場合、小児の近視進行のリスクが高まります。
ブルーライトカット眼鏡の装用は、ブルーライトの曝露自体よりも有害である可能性が否定できません。

B最新の米国一流科学誌に掲載されたランダム化比較試験では、ブルーライトカット眼鏡には眼精疲労を軽減する効果が全くないと報告されています。

C体内時計を考慮した場合、就寝前ならともかく、日中にブルーライトカット眼鏡をあえて装用する有用性は根拠に欠けます。
産業衛生分野では、日中の仕事は窓ぎわの明るい環境下で行うことが奨められています。

この4点を元に「小児にブルーライトカット眼鏡の装用を推奨する根拠はなく、むしろブルーライトカット眼鏡装用は発育に悪影響を与えかねません」と訴えている。
(以上、引用おわり)



posted by yasuhiro hara at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ